基本業務と機能訓練

要介護認定を受けた高齢者は、ただ介護サービスを受けていくだけでは徐々に老化が進行してしまう可能性がある。それにより要介護度が高くなってしまい、より高いレベルの介護が必要になる人が増加する恐れがある。介護を受けるようになった高齢者の機能訓練が重視されるようになったのは、このような原因があるからであり、デイサービスでも機能訓練が業務の一つとして取り入れられるようになった。もともとデイサービスは要介護度が低く、日常生活に若干の支障を来している高齢者の介助をするのが業務だった。入浴や食事、トイレなどの介助をしたり、レクリエーションで活動度を高めたりするのが基本的な業務となっている。

機能訓練の必要性が高まったことにより、機能訓練指導員を雇用してサービスを提供するデイサービスが増加傾向にある。要介護度が低いお陰で比較的機能訓練はやりやすい傾向があり、認知症の予防や身体機能の低下の防止を主な目的としたトレーニングが実施されているのが一般的になった。身体を起こせなくなってしまわないようにリハビリテーションをしたり、知能訓練をすることで思考力を維持したりするのがよく行われている内容だ。国としても、デイサービスのレベルから基本的な業務に加えて、機能訓練を行える体制を整えることが求めるようになり、今までは機能訓練には対応していなかったデイサービスの施設も訓練員を雇って活躍してもらう傾向が生まれている。《こちらのサイトも併せてチェック⇒注目の「機能訓練」を支える仕事