機能訓練のスキルは必要か

デイサービスの仕事をする上で、どのようなスキルが必要かは実は具体化が難しい。この資格を取得していれば必ず活躍できる、このスキルがあればどの職場でもあらゆる業務をこなせるという明確のものがないからなのである。現実的に必要とされているのはコミュニケーションスキルの高さで、利用者やその家族、さらには同僚と良好な関係を築き、互いに幸せな時間を過ごせるようにするのが最も重要だ。それに加えて、サービスを利用している方の立場になり、十分な気配りをして臨機応変に対応できるスキルがあれば活躍できる可能性が高まる。このように、勉強すればすぐに習得できるようなものではないスキルが求められているのがデイサービスの特徴なのである。

ただ、即戦力となれるような専門的なスキルを持っているのが役に立つのも事実だ。介護全般に関する基礎的なスキルを身につける上では初任者研修を受けて学ぶのが効果的である。デイサービスでも福利厚生として受講の援助をしてくれるところも多いので、働き始めてから受講するというのも良い考え方だ。また、もっと専門的な仕事を手に入れたいときには機能訓練の担い手になる方法も魅力が大きい。デイサービスにおける機能訓練が重視されるようになり、引く手あまたになっている。ニーズが高くて担い手が少ないので専門業務に特化して働きやすいことから、専門の仕事を決めて働きたい人は機能訓練指導員になるための各種資格の取得を目指すのが合理的だ。